誰もが気にする髪型の印象で、とても重要な要素があります。

それはずばり髪の色。

奇抜なカラーもいいですし、シンプルだけど一味ちがう、というカラーもあります。

社会人になる方は、髪の色をどうするか、悩んでいる方もいるでしょうね。

2018年のヘアカラーについてご紹介します!

スポンサーリンク

トレンドカラーとは?

毎年、トレンドカラーなるものが発表されるのはご存知ですね。

  • ファッション雑誌
  • 情報番組

などでも流行色を紹介することはよくあるでしょう。

通販サイトではトレンドカラーであることを理由におすすめアイテムとして紹介していますね。

衣服には生産の最初にする作業としてカラー選定。

大量生産には2年という期間がかかります。

この期間を見越して、前もって決定されるのがトレンドカラーです。

ごくごく当たり前のことですが、なぜ年ごとにカラーが変わるのかご存知でしょうか?

トレンドカラーが変わる理由

トレンドカラーが変わる理由は、
インターカラー(国際流行色委員会)という国際組織で協議が行われるからです。

その組織が大きな役割を果たし、トレンドカラーを決定していきます。

インターカラー(国際流行色委員会)とは

1963年発足で、世界14カ国が参加している組織。

  • 日本
  • スイス
  • フランス

とともにこの組織の発起国であり、第1回から参加しています。

加盟国は変動しますが、
組織の方向性が変わるわけではありません。

開催はパリ。

開催月が固定されているわけではないようですね。

次世代が好むであろう、

  • カラー
  • 素材
  • 配色

などが提案されます。

ファッションの各要素の方向性ともいえるでしょう。

トレンドカラー決定までには2年間かかる

製品としての衣服ができあがるには、世間で思われているよりずっと多くの時間や工程が必要です。

製品が店頭に並ぶまで

店頭に並ぶまでには、

  • 生地の原材料の作製
  • デザイン、パターンの作成
  • 商品の発表、お披露目

など、いろんな曲面があります。

商品発表1つとっても、カタログからショーまで多岐に渡ります。

様々な人員が必要なプロジェクトが各段階にあるわけですね。

2年間とは、プランニングから最終流通まで行う期間。

1つの製品の生産と考えれば、それだけの時間は必要ですね。

そして日本流行色協会は流行する色は、

  • その時々の社会
  • 人々の意識と関連する

という研究に根差しカラーを決めています。

先行き市場向けのカラー情報を提案するのはこんな意味があったんですね。

今年の選定されたカラーはなんでしょうか?

スポンサーリンク

2018年のトレンドカラーはビジョナリーミント !

ビジョナリーミントは、日本流行色協会が発表する2018年のトレンドカラーです。

「新しい展望を象徴する明るいミントカラー」という意味合いだそうです。

ビジョナリーとミントの意味

  • 「ビジョナリー」とはすなわちヴィジョン
  • 未来を見通す、転じて明るさという意味

  • 「ミント」はその名の通り、ハッカの緑
  • 清涼感あるグリーン、または黄緑がミントカラー

2018年の色は、ペパーミントグリーンをほんの少し曇らせたような色合い。

彩度を落としている、という感じです。

明るいというよりは優しさを感じさせるようなミントグリーンですね。

ちなみにトレンドカラーは、

  • 色相
  • 明度
  • 彩度

も規定されています。

値を表すマンセル値も併せて発表されますから、色合いという意味では厳密です。

髪色・ヘアカラーにも流行色があった!

ファッションがあるなら、ヘアカラーも当然あります。

ヘアカラーの場合は、協会が制定することはありません。

衣服のように生産時間がかかりませんからね。

決定的な理由はわかりませんが、

基本的には昨年のトレンドを引き継ぎながら、少しずつアレンジされるようです。

例えば、最近の秋冬カラーは、割と暗めの色合いが多いです。

2016年から2017年にかけて流行したのをご存知の方も多いでしょう。

  • サロン
  • 美容院

のヘアカタログでは暗めの髪色が目立つます。

春と夏に関しては、顔はもちろん、肩口あたりも露出することが増えます。

肌色がより映えるカラーが求められるでしょう。

衣服との兼ね合いにもよりますが、濃いカラーの方が肌の白さは引き立ちますね。

2018年もやはり、暗めのヘアカラーがトレンドになると思われます。

そのヘアカラーがこちら。

  • ブルーブラック
  • ショコラブラウン

スポンサーリンク

ブルーブラック

少し青みがかって、髪の黒さを強調します。

黒髪は清楚というイメージ。

それは肌の白さが際立つからです。

ブルーを入れることで、肌の白さや透明感が強調されるヘアカラーです。

ショコラブラウン

栗色がかった、濃いめの茶色も一押し。

髪のツヤやうるおいなどの質感を感じさせやすいヘアカラーです。

パサつきをや髪の傷みを見せたくないという方にオススメ。

色合いは違いますが、
ブルーブラックとの共通点は、素材の良さを引き立たせるという色です。

さわやかなビジョナリーミントとあわせれば、2018年にふさわしいコーディネイトが決まります。

流行の髪色・ヘアカラーは季節ごとで変わる

春と秋では装いも季節感も異なります。

当然、ヘアカラーの流行も変わってきますね。

2018年のヘアカラーを季節ごとに細かく見てみましょう。

  • 春にオススメは、ラベンダーブラウン
  • 夏にオススメは、カーキグレージュ
  • 秋にオススメは、バイオレットバレイヤージュ
  • 冬にオススメは、フォギーグレージュ

春にお勧めのヘアカラー

日射しが明るくなっていく季節で、肌の露出も増えますね。

太陽の下で、きれいに肌が見えるヘアカラーがいいです。

先ほど紹介したブルーブラックに近い色合いの、
「ラベンダーブラウン」

青っぽさのある濃いブラウンで、

  • 肌の白さ
  • 透明感

をアピールします。

同じくラベンダー系で、毛先にアッシュを入れるなんてのもアリ。

夏にお勧めのヘアカラー

湿っぽい季節ですから、髪型のインパクトとしては涼しさの表現が大事です。

マットカラーの風合いがサラリとした質感を表現する、
「カーキグレージュ」がオススメ。

明るく抜け感があるさわやかさがヘアースタイルを引き立ててくれます。

夏ですからショートにしても、相性バッチリです。

秋にお勧めのヘアカラー

芸能人やモデルさんに注目してみて下さい。

よく見るな、と思うのがバレイヤージュカラー。

バレイヤージュはフランス語で「箒で掃く」という意味。

髪にハイライトを入れることで、複数の色のラインができて華やかな印象になります。

青みが2018年のトレンドなので、
「バイオレットバレイヤージュ」が一押しです。

トレンドを押さえつつ、上品さとエレガントさを感じるカラーです。

冬にお勧めのヘアカラー

冬は露出が減るので、落着きや上品さがファッションのキーになります。

ヘアカラーも同じですね。

ほっこりした色合いの、
「フォギーグレージュ」

フォギーは「かすんだ」という意味合いです。

冬の日差しは弱めなので、上品な色味で家庭的な印象を与えます。

まとめ

  • トレンドカラーは、インターカラー(国際流行色委員会)という国際組織で協議され決定される
  • カラー・素材・配色などが提案され、 ファッションの各要素の方向性となる

  • 2018年のトレンドカラーはビジョナリーミント
  • 新しい展望を象徴する、明るいミントカラー、という意味合い 。
    ビジョナリーミントとは、優しい色合いのグリーン。

  • トレンドカラーは、服だけでなくヘアカラーもある。
  • ブルーブラックとショコラブラウンが、2018年のトレンドカラー。

  • 2018年の季節ごとにお勧めのヘアカラー
    • 春は、ブルーブラックに近い色合いのラベンダーブラウン
    • 肌の白さや透明感が際立つ

    • 夏は、マットカラーの風合いのカーキグレージュ
    • サラリとした質感で涼しげで爽やか

    • 秋は、バイオレットバレイヤージュ
    • 芸能人やモデルさんによく見られ、トレンドを押さえ、エレガントさもある

    • 冬は、フォギーグレー
    • 露出が減る時期なので落着きや上品さを演出

2018年のトレンドカラーをヘアカラーと併せてご紹介しました。

季節ごとのトレンドも盛りこんでいるので、ファッションと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク