神戸は夜景の綺麗な場所として有名ですね。

その数ある夜景スポットのなかでも六甲山から眺める夜景は日本屈指の美しさと言われています。

そんな六甲山の夜景スポットのなかでオススメの夜景スポットを紹介します。

スポンサーリンク

六甲山の夜景スポットが綺麗!

神戸の夜景は日本神三大夜景の1つ

神戸の夜景といえば、古くから「100万ドルの夜景」と言われ、日本三大夜景の1つに数えられています。

最近では1000万ドルの夜景とも言われています。

日本三大夜景とは

  • 北海道:函館山から望む函館市の夜景
  • 兵庫県:摩耶山掬星台(きくせいだい)から望む神戸市や大阪市の夜景
  • 長崎県:稲佐山から望む長崎市の夜景

また、2015年には「夜景サミット2015」において「日本新三大夜景(都市)」が決まり神戸市が選ばれています。

  • 1位:長崎市
  • 2位:札幌市
  • 3位:神戸市

このように神戸の夜景の美しさは誰もが認めるところ。

数ある神戸の夜景スポットのなかでは、六甲山からの眺めが特に素晴らしいです。

そして、この三大夜景に選ばれた神戸の夜景というのは、
「摩耶山掬星台から望む夜景」なのです。

掬星台(きくせいだい)という名前は「手で星を掬(すく)える」ほどの絶景の夜景が遠くまで広がっていることが由来です。

素晴らしい夜景が望めるのも納得ですね。

1000万ドルの夜景とは、この「摩耶山・掬星台から望む夜景」を代表とする神戸の夜景です。

六甲山の夜景って何が見えるの?

六甲山から南を見下ろすと、眼下には宝石箱をひっくり返したような神戸の街灯り。

その先には、

  • 神戸港
  • ハーバーランド
  • ポートアイランド
  • 六甲アイランドの人工島

などの灯りが見えます。

西に目をやれば、阪神間から大坂に連なる大都市のきらめきが大阪湾に沿って伸びます。

まるで銀河のような美しさ。

関西空港や遠くは紀伊半島まで見えることもあります。

東側は時間帯によってイルミネーションの色が変化する、世界1の明石海峡大橋や淡路島が望めます。

夜景が綺麗な季節や時間帯

夜になると、夜景はいつでも見られると思いがちですが、
季節や時間帯によって見え方がかなり変わるものです。

せっかく見に行くのなら、1番綺麗な夜景を見たいですよね。

六甲山の夜景が綺麗に見える季節となぜ綺麗に見えるのか。

また、意外な穴場の季節は。

夜景を見るのにオススメの時間帯などについて紹介していきます。

夜景が綺麗に見える季節

夜景が綺麗に見えるのは冬です。

冬が綺麗に見える理由としては、

  • 気温、湿度が低いので空気が澄んで遠くまで見渡せる
  • 日没が早く、夜景を見れる時間が長い
  • 寒い時期なので人が少なく、ベストポイントで観賞できる
  • などがあげられます。

    天気はしっかりチェックして出かけましょう。

    下界が晴れていても、山頂は雪が降ることもあります。

    山の上は非常に寒いので、防寒対策はしっかりして見てください。

    冬以外の季節では、雨の上がった後に行くのがいいですね。

    雨の後は空気が洗われて特に綺麗です。

    夏の季節は、夜景とともに山から花火を見るのもオススメ。

    混雑した地上を避けゆっくり鑑賞ができます。

    仕掛け花火は見えませんが、花火を見上げるのではなく見下ろすというのも面白いですね。

    夜景がきれいに見える時間帯は?

    夜景は、日没後のトワイライトタイムが最も美しいとされています。

    トワイライトタイムとは

    トワイライトタイムとは、太陽が沈む日没の時間から20~40分くらいの間の時間帯のことです。

    この時間帯が綺麗なわけは、

    • 空の青~赤のグラデーションが、刻々と夜へと変化する美しさ
    • 街の灯りが徐々に点灯されていく
    • 山や海などの自然のシルエットを眺められる
    • 街灯りの光量が多い

    などの理由です。

    深夜にもなると、
    街の灯りも消え観光スポットのライトアップも終了してしまいます。

    トワイライトタイムから21時くらいまでの早い時間帯に見るのがオススメです。

    スポンサーリンク

    六甲山夜景スポットの場所・住所

    六甲山の夜景スポットで有名な3カ所の場所と住所を紹介していきます。

    • (1)摩耶山・掬星台
    • (2)六甲ガーデンテラス
    • (3)ビーナスブリッジ

    (1)摩耶山・掬星台

    住所:神戸市灘区摩耶山町2-2

    六甲山最大の眺望スポットです。

    神戸から関空までスケールの大きな夜景を一望できます。

    (2)六甲ガーデンテラス

    住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

    ライトアップされた英国調ガーデンから、大阪・神戸の夜景を一望できます。

    展望塔からは明石海峡大橋まで見渡せます。

    ビューポイント

    • 見晴らしの塔
    • 見晴らしのデッキ
    • 見晴らしのテラス

    レストランもあるので食事をしながら夜景を見るのも素敵ですね。

    (3)ビーナスブリッジ

    住所:神戸市中央区神戸港地方字前山

    螺旋階段から神戸の夜景を一望できます。

    市街地から近く、街の夜景が間近に迫り迫力満点。

    「誓いの鍵」を取り付けられるモニュメントがあり、デートスポットとして有名です。

    スポンサーリンク

    六甲山の夜景スポットへの行き方

    六甲山は関西の定番ドライブスポットだけあって、ドライブウエイが幾つかあり、各方面から車で行くルートはたくさんあります。

    車がない場合でも、

    • ケーブル
    • ロープウェイ

    があるので、手軽に山上からの夜景を楽しむことができます。

    ホテルに泊まってゆっくり夜景を見るのもオススメです。

    摩耶山・掬星台へのアクセス

    車の場合

    阪神高速神戸線経由(魚崎ICより約35分)

    表六甲ドライブウェイ~西六甲ドライブウェイ~奥摩耶ドライブウェイで天上寺前駐車場へ行きます。

    駐車場からから徒歩10分です。

    駐車場からの道は暗いので、懐中電灯があったほうが良いです。

    【天上寺前駐車場】

    料金:500円(コインパーキング)

    トイレは、

  • 掬星台
  • 「星の駅」構内
  • にあります。

    星の駅2階には、展望台とカフェがあります。

    電車の場合

    各線「三宮駅」より市バス「摩耶ケーブル下」下車。

    まやビューライン(ケーブル+ロープウェイ)「星の駅」下車すぐです。

    • 時間
    • 市バスは、約30分
      まやビューラインは、約15分~20分

    • 料金
    • 市バスは、210円
      まやビューラインは、片道880円(往復1540円)

    まやビューラインは火曜日が定休日です。

    2月23日~3月9日は点検運休となりますのでご注意ください。

    歩いて登る場合

    摩耶ケーブル下駅の横から登山道があります。

    まやビューラインに沿って、約1時間半の上りで掬星台に到着します。
    (登山時間は体力の違いでかなり差が出ますので参考までに)

    夜の登山は危険なので明るいうちに登りましょう。

    下りはまやビューラインを利用するのがよいです。

    スポンサーリンク

    六甲ガーデンテラスへのアクセス

    車の場合

    • 芦有ドライブウェイ経由(芦屋ゲート料金所より約20分)
    • 芦有ドライブウェイ~宝塚料金所~県道16号線

    • 阪神高速神戸線経由(魚崎ICより約35分)
    • 表六甲ドライブウェイ~西六甲ドライブウェイ~サンセットドライブウエイ~六甲ガーデンテラス駐車場

    • 中国自動車道経由(西宮山口JTCより約40分)
    • 阪神高速7号北神戸線~裏六甲ドライブウェイ~サンセットドライブウエイ~六甲ガーデンテラス駐車場

    六甲ガーデンテラスは駐車場から直結です。

    六甲ガーデンテラスには、レストランやショップがたくさんあります。

    【六甲ガーデンテラス駐車場】

    営業時間 9:00~21:30(休日は~22:00)*時期により変動あり
    料金:500円(1日)
    台数:多数

    電車の場合

    阪急「六甲駅」・JR[六甲道駅」・阪神「御影駅」より市バスで「六甲ケーブル下駅」へ。

    「六甲ケーブル山上駅」より六甲山上バスで「六甲ガーデンテラス」下車すぐです。

    • 時間
    • 市バスは、六甲ケーブル下まで、

      • 阪急「六甲駅」より、約15分
      • JR「六甲道駅」より、約25分
      • 阪神「御影駅」より、約35分

      「六甲ケーブル山上駅」より六甲山上バスまで、約10分。

      六甲山上バスより「六甲ガーデンテラス」まで、約14分です。

    • 料金
    • 市バスは、210円
      六甲ケーブルは、片道590円(往復1000円)
      六甲山上バスは、260円

    歩いて登る場合

    JR「六甲道駅」または阪急「六甲駅」から六甲ケーブル下駅まで歩く。

    駅の西側登山口より登ります。

    登山時間は約2時間40分です。
    (登山時間は体力の違いでかなり差が出ますので参考までに)

    夜の登山は危険なので、明るいうちに登り、下りは六甲ケーブルを利用するのがよいでしょう。

    ビーナスブリッジへのアクセス

    車の場合

    阪神高速「京橋出入口」から再度山ドライブウェイ経由約10分で、諏訪山公園ビーナステラス駐車場に到着です。

    駐車場からは徒歩1分。

    ※再度山ドライブウェイは、23:00~5:00は通行禁止です。

    トイレは諏訪山公園内にあります。

    【ビーナステラス駐車場】

    駐車場台数:30台
    料金:無料

    電車の場合

    各線三宮駅より市バス7系統に乗り「諏訪山公園下」下車、徒歩約15分です。

    • 時間
    • 市バスは、約10分

    • 料金
    • 市バスは、210円

    歩いて行く場合

    地下鉄西神山手線「県庁前駅」より、徒歩約30分

    まとめ1(六甲山の夜景スポット)

    六甲山の夜景スポットの詳細についてまとめました。

    • 神戸の夜景は日本三大夜景の1つ
    • 三大夜景に選ばれたのは「摩耶山掬星台」からの夜景
    • 六甲山から見える夜景には、
      • 神戸港やポートアイランド・六甲アイランドなどの人工島
      • 神戸市~大阪市までの街の灯り
      • 関西空港や紀伊半島
      • 明石海峡大橋や淡路島
    • 夜景がきれいに見える季節は、冬
    • 夜景がきれいに見える時間帯は、日没後のトワイライトタイム

    まとめ2(住所やアクセス方法)

    六甲山の代表的な夜景スポットへ、車でのアクセス方法や住所を紹介してきました。

      六甲山の代表的な夜景スポットは、
      (1)摩耶山掬星台
      (2)六甲ガーデンテラス
      (3)ビーナスブリッジ

    • (1)摩耶山掬星台
      • 住所は、神戸市灘区摩耶町2-2
      • 車の場合
      • 表六甲、西六甲、奥摩耶各ドライブウェイ経由、天上寺駐車場より徒歩10分

      • 電車の場合
      • 「摩耶ケーブル下」下車、まやビューライン「星の駅」下車すぐ

      • 歩いて登る場合
      • 「摩耶ケーブル下駅」から約1時間半

    • (2)六甲ガーデンテラス
      • 住所は、神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
      • 車の場合
        • 芦有ドライブウェイ、県道16号線経由
        • 表六甲、西六甲、サンセットドライブウェイ経由
        • 阪神高速北神戸線~裏六甲、サンセットドライブウェイ経由

        「六甲ガーデンテラス駐車場」よりすぐ

      • 電車の場合
      • 六甲ケーブル山上駅より、六甲山上バスで「六甲ガーデンテラス」下車すぐ

      • 歩いて登る場合
      • 六甲ケーブル下駅横から約2時間30分

    • (3)ビーナスブリッジ
      • 住所は、神戸市中央区神戸港地方字前山
      • 車の場合
      • 再度山ドライブウェイ経由「諏訪山公園ビーナステラス駐車場」より1分

      • 電車の場合
      •  
        「諏訪山公園下」下車、徒歩約15分

      • 歩いて行く場合
      • 地下鉄西神山手線「県庁前駅」より徒歩約30分

    六甲山の夜景はぜひ行ってみたいスポットですね。

    様々なアクセス方法があります。

    季節や時間帯に注意しながら1000万ドルの夜景を楽しまれてください。

    スポンサーリンク