サッカー日本代表の森保一監督。

人によっては呼び方がわからず「もりほ はじめ」と呼んでしまいますが、正しくは「もりやす はじめ」と呼びます。

そんな森保監督ですが、関係者、選手、メディア、そしてファンからも「ポイチ」と呼ばれているんですよね。

音の響きだけを聞くと可愛らしい感じもしますが。

なぜ森保一監督は「ポイチ」と呼ばれているのは、その由来と理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ポイチとは?由来と理由はこれ!

なぜ森保一監督は「ポイチ」と呼ばれているのか?

その答えはすごく簡単。「森保一」という名前をみればすぐわかります。

森保一監督は、「森保」が名字で「一」が名前ですが、
「森」が名字で「保一」が名前と勘違いする人が多かったからなんですね。


どうやら最初は森保監督の同級生が呼んだようです。そう考えると学生時代からずーっと「ポイチ」って呼ばれていたのかもしれません(笑)

プロになっても「ポイチ」と呼ばれてた理由

でもなんでプロサッカー選手になっても「ポイチ」と呼ばれていたのでしょう?

それは、森保監督が日本代表呼ばれたときにさかのぼります。

あの有名なドーハの悲劇を体験した森保監督。つまりカズさんやラモスさんと一緒にプレーしていたんですよね。

当時はカズさんやラモスさんといったらスーパースターでした。

サッカーファンは当然のことながら、カズやラモスは知っていましたが、残念ながら森保監督の知名度は低かったんですよね。

でも試合ではけっこう活躍してたことから少しづつ認知度が上がってきます。

すると・・・・

「ポイチ」の広まり方(予想)

A:「あのボランチ良いプレーするよね」
  ※当時はボランチでプレーすることが多かった。

B:「たしかに!地味だけどいい選手だよ」

A:「ところであの人、なんて名前だろ?」

B:「森保一って出てたな。ん?モリ?モリホ?…ポイチでいいじゃんwポイチでwww」

A:「ポイチねwポイチw」

みたいな感じで、広まっていったのだと思います。

そう考えると学生のノリで「ポイチ」って呼ばれてたわけじゃなく、誰もが「ポイチ」と呼んでしまう名前なのかもしれませんね。

ちなみに日本代表に選出された頃は「もりほ」と呼ばれていたそうです。

実は私も「もりほはじめ」だと勘違いして呼んでました。

「もりほ」というニックネームもありだと思いますが、やっぱり「ポイチ」というインパクトのある名前には負けますね・・・

スポンサーリンク

「ポイチ」って選手からも呼ばれてたwww

「ポイチ」について調べてみると、ロシアワールドカップで指揮をとった西野さんも「ポイチ」と呼んでるようです。

そう考えるとサッカー界の知り合いのほとんどはそう呼んでいるのかもしれませんね。

そして驚くことに、なんと選手からも「ポイチさん」と呼ばれているようです!!

森保監督は、サンフレッチェで監督をして3度優勝したことがあります。

そのためサンフレッチェに所属している(していた)選手には今でも「ポイチさん」と呼ばれています。

例えば10年以上サンフレッチェでプレーをしていた佐藤寿人選手は当然呼んでいました。

そして未来の日本代表を支えるメンバーになるであろう浅野拓磨選手

彼も日本ではサンフレッチェでプレーしていて森保監督に指導を受けていたこともあり、「ポイチさん」と呼んでいます。

そう考えるとサンフレッチェの選手はみな「ポイチさん」と呼んでいた可能性は高いですね。

選手から愛称で呼ばれると間違いなくコミュニケーションは取りやすいです。

おそらくそのあたりをわかっていたのか「ポイチさん」と呼ばれることはオープンだったのかもしれません。

むしろ自分から

「森保監督じゃなく、ポイチさんって呼んでくれていいぞ!」

って言ってくれてたのかもしれませんね。

まぁ、ほぼ間違いないのは日本代表の選手にも「ポイチさん」って呼ばれるようになるってことですが・・・

日本代表選手の愛称

ちなみに過去(現在)の日本代表だとこんな愛称で呼ばれてる選手もいましたね。

  • 内田選手 → うっちー
  • 遠藤保仁 → ヤット
  • 中山雅史 → ゴン
  • また、選手同士では呼ばないけど、メディアでは

  • 岡野雅行 → 野人
  • 浅野拓磨 → ジャガー
  • 中澤佑二 → ボンバー
  • なんて呼ばれてることもあります。

    スポンサーリンク

    そもそも「森保」っていう珍しくない?

    僕は森保監督のことを「もりほ監督」と呼び間違えていましたが、そもそも「森保」っていう名字の人が周りにいなかったことが原因なのかもしれません。

    そこで「森保」っていう名字のことについて少し調べてみることにしました。

    調べてみたところ、
    名字ランキングでは「10,257位」、全国には「700人」いるそうです。

    このサイトのランキングには4万位まであったので、4万位中の約1万位ということですね。

    そう考えるとめちゃくちゃ珍しいという名字ではないのかもしれません。

    ちなみに4万位の名字は「桜花(さくらばな、おうか)」でした。当然ながら聞いたことないっす。。。

    どうやら「森保」っていう名字は、長崎県、広島県、岡山県に多いようです。

    長崎県、広島県、岡山県にみられる。守安氏に関連。現岡山県北東部である美作菅家党などにみられた。中世豪族の名前が語源である場合もある。

    森保監督の出身地はというと・・・長崎県長崎市!
    やはり、という感じです。

    「HKT48」に森保さんがいた!

    ちなみに日本の芸能人ではHKT48に「森保まどか」さんという方がいるそうです。

    彼女の出身地も、長崎県長崎市!

    森保監督との繋がりがあるかどうかは不明ですが、これから彼女自身にも注目が集まる可能性がありますね。

    まとめ

  • 「ポイチ」の由来とは、森「保一」と呼び間違えられたことが原因。
  • 日本代表で活躍してた頃は「もりほ」と呼ばれていた。
  • 選手には「ポイチさん」と呼ばれている。
  • もしかするとこれから「ポイチジャパン」なんて呼ばれるようになるかもしれません。

    「ポイチ」という言葉がひとりあるきすれば流行語にまで発展する可能性もゼロじゃないかもです。

    これからどんな広がり方をするのか楽しみにすることにしましょう。

    スポンサーリンク