テレビでサッカー中継を見ていると不意に「ゴラッソ!」とアナウンサーや解説者が叫んでいる時がありますよね。

ここ最近、よく耳にすることが多くなった言葉ですが、どこの国の言葉で意味は何なのでしょうか?

そしてなぜゴラッソという言葉が使われるようになり、流行しているのでしょう。

今回はゴラッソの意味や使い方、覚えておくと役に立つサッカー用語などを紹介します。

スポンサーリンク

ゴラッソはスペイン語でスーパーゴール

「ゴラッソ」とは、スペイン語です。

「Golazo」と書き、スーパーゴールを意味します。

分解すると、

  • 「gol(ゴル)」=ゴールの意味
  • 「-azo」=「大きい」を表す接尾語

となります。

直訳は「大きいゴール」となりますが、転じて素晴らしいゴールという意味になります。

サッカー以外でも使用される「ゴラッソ」辞書には載っていない俗語(スラング)でサッカー以外でも「スゴイ!」という意味で使われます。

ゴラッソの使い方

まずは、素晴らしいゴールが決まった瞬間に絶叫するのが「ゴラッソ!」の正しい使い方です。

普通にゴールが決まった場合はゴラッソではなく「gol」

もしくは得点をするという意味の「Marcar(マルカール)」を使います。

また、ヘディングシュートによるゴールが決まった時は素晴らしいゴールでもゴラッソは使いません。

凄いヘディングシュートを意味する「cabezazo(カベサッソ)」と叫びます。

というように、普通のゴールやヘディングでのゴールにはゴラッソは使われないのですが、他にゴラッソにはいくつかの使い方があります。

それはどのように使うのでしょうか。

Golazo de 【選手名】!(○○選手の凄いゴール!)

誰のゴラッソなのかを言いたいときは「Golazo de Lionel Messi!(リオネル・メッシのスゴイゴール!)」のようにゴラッソの後に選手名をつけます。

さらにゴラッソ以上にゴラッソなゴールが入った時には強調して次の言葉をつけましょう。

Qué Golazo!(ケ ゴラッソ!)

Qué(ケ)には「なんて」という意味があります。

直訳すると、「なんて素晴らしいゴール!」という意味になります。

Superior Golazo!(スーペル ゴラッソ!)

(スーペル)には「とても」という意味があります。

直訳すると、「とても素晴らしいゴール!」という意味になります。

Madre mía!Golazo!(マドレ ミーア ゴラッソ!)

Madre mía(マドレミーア)には、

  • 「なんてこった!」
  • 「信じられない!」

という意味があります。

直着すると、「信じられない!素晴らしいゴール!」という意味になります。

致命的なミスを犯したプレーには「Madre mía」Madre míaは逆の意味合いでも使うことができます。

致命的なミスを犯したプレーを見たら「Madre mía(なんてこった!)」と叫びましょう。

また以下も同じ意味になります。

  • Dios mio(ディオス ミーオ)
  • Por dios(ポル ディオス)

スポンサーリンク

ゴラッソが日本で使われるようになった理由

ではなぜ日本でスーパーゴールではなく、ゴラッソが使われるようになったのでしょうか。

その理由の1つに挙げられるのは日本人選手の海外進出の増加です。

スペインのプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラでは、2000年に城彰二が初めて1部リーグでプレーしています。

  • 大久保嘉人
  • 中村俊輔

などがその後に次々に海外移籍し、日本でもその活躍ぶりが大きく報じられることになりました。

海外サッカーの生中継やニュースでの特集

WOWOWやDAZNなどで海外サッカーのリーグ戦が生中継され、現地のアナウンサーが「ゴラッソ!」と絶叫しています。

ニュース番組でも「ゴラッソ特集」と題して海外やJリーグでの素晴らしいゴールを紹介するコーナーなどもあります。

また、「スーパーゴール」よりも「ゴラッソ」の方が1語で耳障りも良く、この言葉を知っているとサッカー通だと思われることも流行っている一因でしょう。

覚えておきたいスペイン語でよく使うサッカー用語

スペイン語でよく使うサッカー用語を学んでおくと、海外サッカー中継を見たときに役立ちます。

スペイン語はスペインだけでなく、

  • メキシコ
  • コロンビア
  • ペルー
  • チリ
  • アルゼンチン
  • ウルグアイ

など南米各国でも使われますので、ぜひこの機会によく使われるサッカー用語を覚えておきましょう。

基本・ルール

  • saque de comienzo(サケ デ コミエンソ):キックオフ
  • córner(コールネル):コーナーキック
  • aque de meta(サーケ ジ メタ):ゴールキック
  • penalty(ペナルティ):ペナルティキック
  • tiro libre(ティーロ リブレ):フリーキック
  • saque de banda (サーケ・デ・バンダ):スローイン
  • falta(ファルタ):ファウル
  • fuera de juego(フエラ・デ・フエゴ): オフサイド
  • tarjeta roja(タルヘタ ロハ):レッドカード
  • tarjeta amarilla(タルヘタ アマリージャ):イエローカード

ポジション

  • portero(ポルテーロ):ゴールキーパー
  • central(セントラル):センターバック
  • lateral(ラテラル):サイドバック・ウィングバック
  • pivote(ピボーテ):守備的ミッドフィールダー
  • mediocampista(メディオカンピスタ):ミッドフィルダー
  • mediapunta(メディアプンタ):トップ下
  • estremo(エストレモ):ウィング
  • centro(セントロ):センターフォワード

シュートの種類

  • Remate(レマテ):シュート
  • zambombazo(サンボンバッソ):すごいシュート
  • remate de cabeza(レマテ デ カベサ):ヘディングシュート
  • cabezazo(カベサッソ):すごいヘディングシュート
  • tijera(ティヘーラ):ジャンピングボレーシュート
  • chilena(チレーナ):オーバーヘッドキック
  • vaserina(バセリーナ):ループシュート

肩書・異名

  • entrenador(エントレナドール):監督
  • seleccionador(セレクシオなドール):代表監督
  • jugador(フガドル):選手
  • àrbitro(アルビトロ):審判
  • Capitán(カピタン):キャプテン
  • Goleador(ゴレアドール):ストライカー
  • crack(クラック):スーパープレイヤー
  • fenómeno(フェノーメノ):怪物
  • pichichi(ピチチ):得点王
  • zamora(サモラ):最優秀ゴールキーパー

まとめ

サッカーでよく聞く「ゴラッソ」について調べてみましたが次のことがわかりました。

  • ゴラッソ(Golazo)はスペイン語で、スーパーゴールの意味
  • 直訳すると「大きいゴール」だが、転じて素晴らしいゴールという意味
  • 辞書にもない俗語(スラング)で「すごい!」という意味もある
  • ゴラッソをさらに強調するときには前に「Qué(ケ)」や「Superior(スーペル)」などを付ける
  • 日本でも使われるようになった理由は、日本人選手の海外進出により、海外サッカーが多く報じられるため
  • スペイン語は南米各国でも使われているので、サッカー用語を覚えると海外サッカー中継を楽しめる

ぜひスペイン語のサッカー用語を覚え「ゴラッソ!」と叫んで試合を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク