ディナーショーとは、ホテルのレストランで豪華なディナーを食べながら音楽を聴いたり、ショーを観たりすることをいいます。

お気に入りの歌手やタレントがすぐそばで歌っているのを一度は観てみたいですね。

しかしチケットを買ったものの初めてのディナーショーは、いったいどんな服を着て行こうか悩みます。

そんなあなたの為に、冬のディナーショーに着ていく服を年代別に紹介してみたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ディナーショーの服装:20代・30代編

まずはじめに20代・30代の女性の方はどのような服装で出掛けらいいのでしょうか。

どんなジャンルのディナーショーかにもよりますが、一般の歌手のディナーショーには、若い人もフォーマルに近い服装で出かけましょう。

服のデザインや色は、若さをそのままに生かすために、さわやかな印象を与えるワンピースドレスを選ぶことをおすすめします。

爽やかなワンピースドレスが最適

色は20代・30代なら、

  • ピンク
  • ブルー

といった淡い色のドレスが素敵ですね。

若い女性は、何を着ても可愛らしくて似合うので許されるとは思うこともあるでしょう。

しかしディナーショーにカジュアルな服装はあまり好ましくありません。

できればその日ばかりは普段はジーンズしか着ないような方も、可愛い系のワンピースを選んでみてはいかがでしょうか。

ディナーショーの服装:40代編

40代におすすめしたい服は、綺麗かつどこか可愛さが感じられるエレガントなドレスです。

はっきりとした明るい色よりも上品な感じの

  • シルバー
  • ベージュ
  • モスグリーン
  • パープル

系などのカラーをチョイスすると素敵です。

またディナーショーは非日常ですので思い切ったおしゃれをして見るのも良いでしょう。

思い切って着物の選択もおすすめ

40代は1番忙しい年代で、ディナーショーの洋服選びも忙しくて大変ですよね。

そんな人には、嫁いだ時に親からもらった着物がおすすめです。

意外とディナーショーには和服で来られてる人も多いですよ。

暖かいので、冬のディナーショーならではの冷え対策にもなります。

着物は体系カバーに最適

40代って意外と体型が気になる年頃ではないでしょうか。

着物はその点、ふっくら体型をカバーできるのでいろいろ悩まずにすむんです。

ディナーショーのチケットを購入したらついでに、

  • 着付け
  • 髪のセット
  • メイク

などをしてくれる美容室を予約をして置くと安心です。

すべてお任せしてもリーズナブルの値段でしてくれるサロンも最近はたくさんありますのでネットなどで調べてみましょう。

スポンサーリンク

ディナーショーの服装:50代編

50代になると肌のくすみやスタイルの崩れが気になりますよね。

その悩みを解消する黒系のデザインのカラードレスが50代にはオススメです。

大人の色気と上品さや高級感のあるのが黒系のドレスです。

黒は引き締め効果もあるので体型をすっきりと見せてくれるでしょう。

黒ドレスは布地で高級感を演出

同じ黒系でもドレスの布地で差をつけましょう。

  • ラメが入っている
  • 光沢がある
  • レースをたくさん使用されている

など、それだけでも高級な感じがしますね。

黒のレース使いのロングドレスも50代以上の女性しかできないおしゃれではないでしょうか。

デビ夫人の黒の使い方はとても素敵でしたので参考になると思います。

男性は年代を問わずビジネススーツ

男性はどの年齢でもビジネススーツで良いと思います。

スーツは持っていないという方でも、最低でも

  • テーラーカラーのジャケット
  • チノパン

くらいは準備された方が良いですね。

もっとおしゃれを楽しみたいのでしたら、素敵な明るい色のポケットチーフをさすと華やかになって素敵です。

それとラペルピンなどでアクセントをつけてもさらにお洒落です。

アクセサリーは自由に選択

他にもどんなアクセサリーを身に付ければいいのか迷いますが、アクセサリーには特に決まりはありません。

本物が良いに越したことはありませんが、今は本物と見間違うくらいに安くてきれいなアクセサリーがあります。

ドレスに合ったものをチョイスしておしゃれを楽しんで下さい。

時計は外すのが無難

時計は男性も女性も基本的に、パーティなどではしてはいけないようです。

時計をしているとつい時間を気にしてしまいます。

ディナーショーもパーティと同じで、時間を気にせず楽しむという意味でつけない方が無難でしょう。

髪型はドレスに合わせ、まとめ髪やアップに

せっかくドレスを着るのですから、まとめ髪やアップに綺麗にセットしていきましょう。

髪を下ろして巻かれるのもいいと思います。

お金をかけたくないという方は、髪を後ろで簡単にまとめて髪飾りをつけるだけでも華やかさを演出できますよ。

ディナーショーに行く方は、自分もパーティの主役と思ったり、お呼ばれされたお客様になりきっています。

ですのでボサボサな髪で行くと逆に目立ちます。

おしゃれに抵抗がある時

おしゃれをして家から出るのが恥ずかしいという人がたまにいますね。

それならドレスや靴を会場まで持って行き、ホテルの化粧室で着替えることもできます。

スポンサーリンク

女性はパンプスがおすすめ

ディナーショーの会場ではかかとのあるパンプスが良いでしょう。

特にヒールの高い方がよりゴージャスになります。

履きなれない方でもディナーショーは座ってることが多いですので大丈夫です。

つま先の出るミュールやペタンコ靴はやめておきましょう。

ブーツよりパンプスがドレスに合う

ではブーツはどうなんでしょうか?

せっかくのお洒落なドレスを着たのですから、ブーツよりやっぱりパンプスでしょう。

しかし年末のディナーショーでは、当日に雪が降り積もることもあります。

雪の場合は到着してから履き替える

雪の中をヒールで歩くと、靴や足が濡れてしまって楽しいはずのディナーショーが台無しになります。

そうならない為に会場までブーツで行き、着いたらホテルの化粧室でパンプスに履き替えましょう。

ブーツなどの荷物はクロークに持っていくと預かってくれます。

男性の靴はストレートチップ

男性は紐のついた靴「ストレートチップ」をおすすめします。

デザインにもよりますが、ディナーショーではカジュアルなデザインの革靴は避けた方が良いでしょう。

まとめ

今回は冬のディナーショーに行く時の服装を調べました。

女性の場合は、好感度の高い服装を年代別に紹介すると以下のようになります。

  • 20代・30代は、可愛くてさわやかな印象を与えるワンピースドレス・ピンクやブルーの色がオススメ
  • 40代は、綺麗かつ可愛いさを感じられるエレガントなドレス・シルバーやベージュなどの色合いが良い。和服でディナーショーに来られる方も多い
  • 50代は、素材にこだわった高級感のある黒のドレス
  • 男性の服装は年代問わずにビジネススーツ。あまりカジュアルすぎはNG。
  • アクセサリーはドレスに自由に合わせる。
  • 時計は外すのが無難
  • 靴は、女性は基本ヒールのあるパンプス・男性は紐付きの革靴

うんとおしゃれして思い出に残る素敵なディナーショーを楽しんで来て下さいね。

これまでにたくさんの有名人の方がディナーショーを開催しています。

歴代の高額値段の上位は5万円以上!この値段はどう決めるのでしょうか。

ディナーショーのチケットが高い理由と歴代高額値段ランキング!

スポンサーリンク